2019年
05月15日

イロイロな素材を使って作ってみた

今回は2本立てです。

1つ目は、「ガラスアクセサリー作りを体験してみた」

ガラス「ぐり工房」さんでアクセサリー作りを体験してきました。

320b78c9ea348b494722d07749aa2cfa.jpg

直径20mmほどの小さなガラスの球体に壮大な宇宙を閉じ込めたようなアクセサリーです。
はじめにデザインを決めます。
一つひとつの工程を練習しながら、卓上バーナーで溶かしたガラス棒を廻して作ります。
傾けながらゆっくり、そして素早く廻して、潰してみたり、切り離してみたり…。制作すること2時間半。
最後にガラスの温度を整えて30分ほど冷まして完成。
あっという間の3時間、とても楽しく体験できました。

c5ae272d2f5ad878e5f44464c46d4f1b.jpg

講師の方に仕上げの調整をしていただく前の写真

7d28d236e835e5a3f55d37aa548ced1b.jpg

中央にあるオパールは見る角度によって赤くなったり、緑になったり、見えなくなってしまうこともあります。

cdce12aa35fe76c75cb4ccd987afe8ff.jpg

2つ目は「万年カレンダーの5月を作り直してみた」と「UVレジンに挑戦してみた」です。

854192a37078709acddd410298d2c2e0.jpg

万年カレンダーとは弊社のMEルームの片隅にあるダンボール製の枠でできた大きなカレンダーです。
各月ごとに用意していたパネルが大分くたびれてきたので大きめの包装紙で折り紙兜を作りました。
包装紙のテクスチャーがいい雰囲気です。

UVレジンに挑戦してみた
3Dプリンタ製の青海波フレームにレジンを組み合わせてコースターを作りました。

35414c7d2d590cd2621db57a21eedd4b.jpg

後ろからライトを照らすとステンドグラスのようです

c939ddefc6da279ce850b3c83f9d8e2a.jpg

続いて、シリコン型(球体)で作ったレジンアクセサリー。

8d0ebe6be2773024b3d03433c79e5c62.jpg

雲レジンにも挑戦してみましたがいかがでしょうか。

e7de9253c82e1df3fcfdd7d1b0587467.jpg

ブログではよく分からない、触れてみたい方はMEルームに現物がありますのでぜひ直接ご覧になってください。


次の記事>