2019年
05月29日

「アクロスさんは何屋さんですか?」

タイトル、先日お客様と話をしていた時に言われた言葉です。
このお客様は独立して会社を立ち上げる時にご相談を受け、名刺や封筒、伝票、会社案内にホームページなど、会社を作るうえで必要なものをお手伝いさせていただき、長くお付き合いさせていただいています。
その時も伝票の元号の対応や展示会の出店、ノベルティグッズの作成などいろいろな話題が出てきました。その都度、「伝票は在庫があるので訂正のハンコを作りますか!」「出展ブースも看板やポスターなどトータルでやりますよ!」「キーホルダー、名入れのペン、クリアファイルなど何でもありますよ!」と受けていたら、ニコニコした顔で社長さんが、
「アクロスさんは何屋さんですか?」と。

別のお客様との仕事でも、はじめはメニュー表のご相談でしたが、話は広がりフロアサインマットやサインポール、看板、ポスターなどをお手伝いさせていただきました。

また、長いお付き合いのお客様から、「うっかりしていて給与明細封筒の在庫が足りない!明日までに何とかならない?」とお電話。封筒の窓の位置が既成ではなく特別。いろいろ手を尽くし翌日お届け!

最近は自分でも何屋さん?と思うことが多々あります。しかしお客様の「困った」を解決し、さらに喜んでいただけるなら・・・
アクロスは「なんでも屋さん!」でいいのかなと思います。


<前の記事 次の記事>